>

実際使ってみて、どうよ?!

口コミ見ても迷ったらココへ!とりあえず買って試して紹介するサイトです。

【メルカリ】なかなか売れなかった商品を売るためにしたこと

この記事をシェアする

結局、欲しければ、買うんです

メルカリの商品掲載画面

 売れずに悩んでいたメルカリ掲載の商品。
 あることをしたら反応が増え、入金連絡が。
 実例について、紹介します。

型式を間違えた

 ヤフオクで競り落としたロードバイク用のシフトレバー。
 届いた後で調べたら、使っている現在のパーツ類と互換性がないことが判明。
 全くの事前調査不足でした。
 入手したシフトレバーを元に、他のパーツを一新するか。
 それとも、売却してしまうか。
 迷ったのちに、メルカリに出品することに。

 このシフトレバー。そこそこ注目度の高い商品。
 傷が付きやすいパーツだから、ピカピカの新古品なら早く買い手がつくかも。
 ひとつ気がかりなのが、2世代ほど前の商品で型落ちなこと。

価格設定

 さて、いくらで売ろうか。
 メルカリの値段設定において考慮すべきは、10%の手数料と出品者負担とした場合の配送料。
 入手時の値段は配送料込みで11.800円。
 掲げた売値は13.860円。
 値下げ交渉で端数(60円)を値下げしたとして、手数料と配送料を加味して186円の赤字。
 確実に処分したいし、型落ちだから、この金額が限界だよなぁ。

 ・いいね:5
 ・問い合わせ:1
 ・閲覧数:17

 出品後、数日で数件の「いいね」。
 「型式を教えて下さい」という1件の問い合わせ。
 そのあと、半年以上まったく反応なし。 

 記載内容を見直してみようか。
 メルカリでの売れ行きをよくする方法として、知られているのが”再出品”。
 新着として上位表示させるテクニックです。
 衝動買いする類の商品なら効果は期待できますが、出品している商品は自転車のコンポーネントの一部。
 目的を持って探す人が多いのでは、と判断し再出品は行いませんでした。
 数は少ないものの、見られている商品なのは確か。
 現時点では販売されていない型遅れ商品なので、時間が経つと売れなくなっていくのでは、という焦りがつのります。
 どうすれば・・・。

ペルソナを想像

 ここで、改めて商品を吟味してみました。

【商品の特性】
 自転車コンポーネントの一部。同一種類でそろえるのが一般的。メルカリ出品時点で2世代前の商品。転倒により傷が付きやすいパーツ。

【商品の状態】
 新古品。包装、箱、説明書あり。入手後1年以上経過。入手後未使用。

【入手価格】
 11.800円(配送料込)

 型落ちだから、早く売らなきゃ、と思っていたけど。
 コンポーネントの一部を交換したい人にはニーズがあるんじゃないか?

 ここで、ペルソナ(ユーザー像)を想像してみました。

数年前に購入したロードバイク
度重なる転倒で、最近、シフトレバーが調子悪くなってきた。
購入したショップに相談したら、修理は難しいと言われた。
このシフトレバーは型式が古いから、もう販売されていない。
同じ型で程度の良いシフトレバー、中古で探すしかないかな。 

 新品は販売されていないから、時間が経てば経つほど新古品としての価値は上がるんじゃないか?

 掲載内容を”更新”することで、上位表示が期待できます。
 何度も使えるテクニックではありませんが、更新は初めてなので大丈夫でしょう。

 少し暗めだった写真を撮りなおして。
 ハッシュタグ(#)を付けて。
 販売価格を更新して。

 価格か・・・値引きした方がいいのかな。
 一度値下げした商品を再び上げると、メルカリに不正扱いされる、と聞きます。
 そして、「安易な値引き」を行うべきでないことは、商売の鉄則。
 上げるしかないか。
 14,300円
 手数料(1,430円)、配送料(800円)を加味して、270円の黒字。
 損しないレベルです。

 ”いいね”を付けてくれたお客さんは、離れていくかもしれない、、、でも。 
 値引き交渉には応じず、気長に待つことしました。

 そして更新3日後・・・価格交渉の相談が。
 リアクションを得られた嬉しさに一瞬、値引いちゃおうと思いましたが。
 当初の予定どおり、丁重にお断り。
 すると、「少し検討させていただきます!」の回答。
 この表現は「じゃあ、買わない」と同意義です。

 1日、2日経つほどに、値引きしなかったことの後悔がジワジワと湧き上がりますが、グッと我慢。
 後悔が消え去ろうとしていた頃、入金の連絡が。
 お買い上げになった方は、価格交渉してきた方とは別の方。
 質問、値引き相談もなく、いきなり入金。
 記載内容の更新から、約1ヶ月後のことでした。

売るためのポイント

 よく売れている人の掲載方法や筆者の経験、参考書籍などから売るためのポイントをまとめてみました。

写真はきれいに撮る

 写りの良し悪しが売却可能性に直結します。
 接写した写真がピンぼけしているのに、そのまま掲載されているのを見かけますが、 
「ほんとに検討してもらう気があんのかなぁ」と思ってしまいます。
 人間がとる行動は、直感的かつ感情的な要因によるものがほとんど。
 直感、感情に訴えるためには、“見栄えの良さ”が大事です。

出品(更新)タイミング

 朝、昼、夕方、夜。
 通勤時間帯や昼休みなど、暇つぶしにネット検索する時間帯は狙い目です。

問い合わせには迅速に反応する

 価格交渉や問い合わせに対して無回答な出品者を見かけますが、良い印象を与えません。
 都度の対応が困難なのであれば、「値下げ交渉は不可とさせていただきます」など記載し、あらかじめ問い合わせを減らす対策を講じます。

バカ売れキーワードを記載

 「新品」「未使用」「ジャンク品」「限定価格」「正規品」など。

商品説明は詳しく

 写真で伝わらない情報を、しっかり伝えます。
 詳しく丁寧な表記はお客さまを安心させ、購入後のトラブル防止にもつながります。

  • 外見上の状態(汚れ、傷など)
  • 使用頻度
  • 動作状況
  • 手放す理由(「後継機種を購入したので手放します」「型式を間違えて購入したため売りに出すことにしました」・・・)

 など。
 商品購入を検討する、お客さまの気持ちになって記載しましょう。

最後に

 金額の設定根拠は、買う側にとって何の関心もありません。
 「ちょっと高すぎかな?これじゃ、売れないかな。」
 常識の範囲を超えていなければ、あれこれ考えるだけ無駄というもの。

 今回得られた教訓としては、

  • 商品の特性を理解し、ペルソナを想像してみる
  • 「高い」「安い」の感じ方は人それぞれ
  • 反応なければ値下げするのではなく、値上げしてみる
  • 型落ちだからこそ、希少価値が上がる(かも)

 日本国内のメルカリ利用者数は月間1,755万人(2020年末時点)もいるわけですから、その商品を欲しがる人は必ずいる、と信じて。

<まだメルカリを使ったことのない方へ>
 ログイン - メルカリ
 加入手続き時に、下記の招待コードを入力すると500ポイントGETできます。 

招待コード:UEYDTV