>

実際使ってみて、どうよ?!

口コミ見ても迷ったらココへ!とりあえず買って試して紹介するサイトです。

レンジでチンしてくり返し使える“ゆたんぽ”の効果を試してみた!

この記事をシェアする

“チンしてゆたんぽ”の暖かさは、実際どのくらい保つのでしょう

f:id:Tameshitara:20210110085730j:plain

・“チンしてゆたんぽ”の温かさは8時間持続するのだろうか
・布団から出して使った場合、温かさはどのくらい持続するのだろうか

 電子レンジで加熱するだけで温かさが8時間持続し、何度でも繰り返し使える“チンしてゆたんぽ”。
 説明書きによると、8時間持続というのは室内温度18度で、布団の中で47度の状態から使い始めて34度をきるまでの時間、だそうです。
 

 効果のほどはどうなんでしょう。
 固い箱を開けると、出てきたのは本体と専用カバー。

「チンしてゆたんぽ」同梱物の写真
 この専用カバーの色。
 “温かさ”を感じる色ですが、賛否ありそうな色ではあります。

 早速、レンジに入れます。
 加熱時間の目安として3通り記されていました。

「チンしてゆたんぽ」加熱時間の目安
 ”600Wで3分”を選びます。
 持ち手を指定しているくらいなので、アツアツで出てくるのかな、と思いきや、そうでもない。
 測ったら42.5度。
 47度まで近づけるため、更に加熱します。
 説明書きどおり、10秒づつ加熱。6回目で48度に到達。

「チンしてゆたんぽ」48度の写真
 1度下がり47度になった時点から計測を開始。 

布団のなかで

 冬は、布団に入っても足が冷えて、なかなか寝付けないことがあります。
 寝付きをよくするために、“チンしてゆたんぽ”を使用してみましょう。
 室内温度18度、ゆたんぽ47度から使い始めてみます。
 カバーに足先を突っ込みしばらくすると、温かさが全身をめぐってきました。

 8時間後に測ってみると、35度。

「チンしてゆたんぽ」35度の写真
 説明書きどおりの性能でした。

布団から出して

 最近、自宅でのテレワークが増えました。
 部屋の暖房って、頭がボーッとしてくるので筆者はあまり好みません。
 仕事中は、頭をスッキリさせていたい。
 かといって、室内でダウンを着るわけにもいかないし。

 そこで“チンしてゆたんぽ”の出番。

 布団の中での使用は、説明書きどおりの効果を得られました。

 では、布団から出し、保温の効かない状態で使用した場合、温かさはどのくらい持続するのでしょう。
 室内温度18度、曇りで日差しは弱め、ゆたんぽ47度から使い始めてみます。

<温度の推移>

 1時間後:43度

「チンしてゆたんぽ」43度の写真
 2時間後:39度

「チンしてゆたんぽ」39度の写真
 3時間後:36度

「チンしてゆたんぽ」36度の写真
 3時間37分後:34度

「チンしてゆたんぽ」34度の写真

 筆者は、ずっと腰に当てていました。
 熱が逃げない布団の中とは異なる環境での使用結果。

 47度⇒34度は約3時間半といったところでしょうか。

最後に

 使用環境で変わるとは思いますが、筆者の試した状況では上記の結果でした。

 使い捨てではなく、繰り返し使える“チンしてゆたんぽ”。
 説明書きには、使用可能回数についての記載はありません。
 5年間使用できた、という情報もあるようですが。
 本体の2重袋が破損した場合や、保温性能が落ちた場合は買い替えとなるでしょう。
 廃棄方法については、成分の”ゲル化剤”の扱いが市区町村で異なるようですので、捨てる前に確認が必要です。

 何回使えるのかは今後、検証するとして。
 十分納得できる効果を発揮。
 “チンしてゆたんぽ”は、費用対効果の高い商品だと思いました。