>

実際使ってみて、どうよ?!

口コミ見ても迷ったらココへ!とりあえず買って試して紹介するサイトです。

【お勧め】ガス代を節約したい!一人暮らしのガス代を試算し比較してみたら!?

この記事をシェアする

東京で一人暮らし 公共料金を少しでも安くしたいので、一番安いガス会社を調べてみた 

f:id:Tameshitara:20201106090015j:plain

 一人暮らしの友人。
 ガス代について、少しでも安く出来ないか、と相談されました。

 ネットで調べても、毎月の使用量が少なすぎて参考になる記事がない、といいます。
 そこで、試算し比較してみることにしました。

現状の契約内容と使用量、請求金額

 契約先:東京ガス
 契約種別:一般契約
 支払方法:口座振替
 月間平均使用量:約3㎥

現状の契約内容と使用量、請求金額一覧表
 ご覧のとおり、真冬でも10㎡を越えておらず、月平均3㎡とすごく少ない。
 請求金額は低いため、これ以上安くすることは出来るのでしょうか。

契約見直しの条件

 友人からの試算条件としては、
 ・電気料金の契約見直しは不要
  (最近、契約先を替えたばかり)
 ・支払方法にはこだわらない
  (口座振替、クレジットカードなど)
 ・付帯サービスにはこだわらない
 とのこと。
 よって、ガス代をシンプルに試算比較することにしました。

 ※都市ガス料金の無料比較サービス【ガスチョイス】

対象のガス会社

 2017年4月以降、都市ガスは全面自由化となり、現在は様々な会社が都市ガスを販売しています。
 今回は、4社を選んで東京ガスと比較してみました。

ENEOS都市ガス

 一人暮らしの場合、東京ガスと比べて年間約1,740円おトクと宣伝しています。

東京電力エナジーパートナー(東電EP)

 東京電力ホールディングスの営業部門。
 東京ガスとは電気料金も競合し、お互いに意識し合っており、都市ガス単価は東京ガスより3%割安と宣伝しています。

レモンガス

 もとはプロパンガスだけでしたが、都市ガスにも参入。
 サイトには、都市ガス「わくわくプラン」なら、東京ガス(東京地区等)一般契約の基準単位料金より5%安くなると載っています。

ニチガス

 東京ガスと比較し、5%割安を謳っています。
 ビットコインで支払う場合や、光回線USEN、U-NEXTと同時契約する場合などに、割引となる『+(プラス)プラン』などの抱合せプランを用意。

料金試算によるシミュレーション

 過去1年間の使用量をもとに、2019年10月の消費税改定を加味し試算しました。
 試算結果はご覧のとおり。

検討した5社の試算結果一覧表
 契約中の『東京ガス 一般契約』が最も割安でした。

東京ガスと比較して、他社は基本料金単価は同等か、高く、基準単位料金を低く設定しているため、ある程度使わないと割安にならない。

東京ガスは、口座振替の場合に50円+消費税の『口座振替割引』が適用される。
 1年で税込660円の割引。
 使用量に関係なく一律適用されるので、使用量が少なければ有利となる。 

 ※ガス料金一括比較【ガスチョイス】

まとめ

 一人暮らしのガス代が安くなるプランの比較。

 最も割安になる会社や契約種別は、使用量によって変わってきます。

 電気とガスをセット契約すると、更に割安になるプランを用意している会社もあります。
 特定のクレジットカードで支払うと割引が効いたりポイントが割増されたり、光回線とセット割りが効いたり、などなど。

 料金単価以外のおトクな要素も考慮して行う試算は、すごく面倒。
 試算はプロに任せて、早速比較してみてはいかがでしょう。

 ※都市ガス料金の無料比較サービス【ガスチョイス】

一人暮らし高齢者の電気代・ガス代シミュレーション記事はこちら⇓

一人暮らしの高齢者にお勧めの 電力会社 ガス会社 新料金メニュー