>

実際使ってみて、どうよ?!

口コミ見ても迷ったらココへ!とりあえず買って試して紹介するサイトです。

【お勧め】安い!長持ち!安心! ルンバの社外品バッテリーを使ってみた

この記事をシェアする

Roomba電池交換 安心して使えるリーズナブルな社外品を見つけました 

2011年 ルンバ770を購入

 床掃除は、もっぱらRoomba(ルンバ)に頼っています。

 週3回の稼働で、購入してから5年が過ぎた頃。
 ホームベース(充電器)に戻れず、部屋の片隅で力尽きている光景が増えてきました。

 いよいよ、バッテリーがヘタってきたかな。

 バッテリーの買替えを検討することにしました。

 iRobot社の純正バッテリーは10,000円以上します。
 試しに、割安な社外品から選択。

 購入し、3年以上が経ちました。

選んだ理由

 ルンバのバッテリーは多くの販売業者が扱っており、値段も様々。
 その中から、

  • 日本製だから
  • 極端に安い製品は『本体が動かないほど電圧が低い』『寿命が短い』だけでなく、『本体にダメージを与える』かもしれないから

 という理由で選びました。
 2016年12月、購入したのがこれ ⇓

 他社製品より若干割高でしたが、製品と販売業者への安心料だと思い、選びました。

  ・iRobot社製純正バッテリー:11,000
                           
(メーカーサイト)

  ・orange line社製バッテリー:2,780円
               (amazon

 この値段で純正品と同性能なら、満足です。

感想

<購入当初>

 2017年1月中旬から使用開始。

 元気のないルンバに見慣れてしまったせいか、動きが機敏で活発に見えます。壁に当たる音も大きくなったような気もしました。

 放っておくと2時間以上動いています。家の面積を考えると1時間~1時間30分も動けば充分なため、在宅時は手動で稼働を終わらせることもありました。

<現在>

 2020年6月現在、週3回で1回あたり1時間30分稼働。
 しっかり動いてホームベースに戻ってきます。

 購入当初の勢いは無い気もしますが、しっかり動いて掃除はできています。

まとめ

 ルンバのバッテリー交換。
 ルンバのバッテリーは、複数機種同一規格という汎用性の高い製品のためか、多くの販売業者が扱っています。

 どの製品も、口コミでは個体差による評価の違いが見受けられました。

 極端な低性能商品に当たってしまった場合の保証や交換対応など、日本国内の販売業者なら安心です。

 完全に劣化したら、次も同社の扱う製品を購入しようと思っています。

【追記】2020年12月20日、バッテリーは完全劣化。同商品を注文しました。