>

実際使ってみて、どうよ?!

口コミ見ても迷ったらココへ!とりあえず買って試して紹介するサイトです。

白髪を楽してこっそり染めたい男性へ!市販の白髪染めを使うお勧めの方法とは?

この記事をシェアする

誰にも気づかれないよう自然に黒くし続ける!?楽してリーズナブルなセルフ白髪染め

 今まで気づかなかったけど、全体的に少し白いものが混じってる。

 えっ?白髪っ?!

 とうとう白髪か~。

 はずかしいなぁ。

 どうしよう。

生え際の白髪写真

白髪に悩む男性へ

 白髪に悩んでいませんか?

 私は34歳の頃、鏡に写った自分の頭に白いものが混じっているのに気づきました。

 ショックでした。

 思えば、仕事が忙しくて思うように睡眠時間が取れず、イライラすることも増え、疲労感が抜けきらない日々を送っていました。

 白髪になるのは、メラニン色素が足りていないことが原因。

 睡眠不足や、バランスを欠いた食事を続けていると、メラニン色素が充分に生成されません。

どうしよう

【抜いてしまおう】

 1,2本だったら可能ですが、無理に抜くことによって毛穴が傷つき、髪が生えてこなくなる可能性も出てきます。

 薄毛なんて!白髪よりも嫌だ!

 

【理容室で染めてもらおう】

 理容師さんに、髪染めをお願いするのが恥ずかしい。

 「私は老化しました」と宣言しているみたいで嫌だ。

 カラスみたいに黒くなってたら、染めたのバレバレじゃないか。

 

【自分で出来ないかな】

 簡単に、一人でこっそり、自宅で染めたい。

 あからさまに白髪染めと思われないように。

 髪が伸びたら、また染めなきゃだから、面倒なのは嫌だし、安く抑えたいなあ。

自宅で一人でできる白髪染め

 そんな時に、若白髪で白髪染めベテランの友人に勧められたのが『メンズビゲン スピーディーⅡ』。

 白髪染めは、合う合わないがあるので、自宅で初めて使う時、パッチテスト(皮膚アレルギー試験)を行いました。

 問題なさそうです。

 毛染め特有のツンとくる匂いも強くありません。

 

【作業の総合計時間に注意】

 パッケージに放置時間5分と書いてあります。

 購入後、説明書を読んで分かったことですが、実は、塗り時間に7分掛ける必要があるのです。

 1分で塗り終えても6分待たなくてはいけません。

 その後、放置時間として5分。

 なので、塗り始めからすすぎまで少なくとも12分掛かります。

 白髪が多めの場合は更に5分。

 そこそこ時間が掛かります。

 

【リーズナブル】

 600円ちょっと。

 残ったクリームは持ち越せます。説明書にはショートヘアで一箱2回分と書いてありますが、短髪の私は3回使えてます。

 1回200円ちょっと。

理容室、美容室での髪染めと比較すると、圧倒的に安上がりです。

生え際の白さは、短髪だと目立つ

 髪の毛が、ある程度長ければ、伸び初めの生え際が白くても、染めた髪の毛に紛れますが、短髪だと他の髪の毛に紛れず白髪がはっきり見えてしまいます。

 頻繁に白髪染めを行う手間は掛けたくないので、目立たなくする方法を検討しました。

手軽に使えるリンスタイプ

 毎日のシャンプーで、リンス代わりに使って染めることができるというもの。

 しっかり染まると宣伝しているメーカーサイトもありますが、口コミを見ると、白髪染めほど染まらず“白髪ぼかし”程度の様子。

 でも、生え際が目立たなくなる程度で良いので、これは使える、と思いました。

 

【商品を選定】

 選定条件としては

(1)白髪が目立たなくなること

(2)染まり具合が同じであれば、安くて放置時間が短いほうが良い

(3)どこでも売ってそうな、入手しやすい商品

 商品候補は下記のとおり

リンスタイプ白髪染め比較表

    選んだ商品は、

 近所のドラッグストア4店舗全てに置いてあり、1gあたり値段が低く、染まり時間が3分である『スピーディカラーリンス』を、最初の候補としました。

【使用頻度】

 商品の説明書には、

 『約5日(回)連続使用で、白髪が徐々に目立たなくなります。(その後は週に2~3回を目安にご使用ください。)』

 と書いてあります。

 色素は固着せず毎日のシャンプーで徐々に落ちてきます。

 よって継続使用する必要があります。

 リンスとして使うので、手間は変わりません。

 

【手軽さが魅力】  

 なんといっても、シャンプー時のリンスとして使え、塗り終わってから放置時間3分。

わざわざ髪染めの時間を割く必要がない手軽さに惹かれ、使ってみることにしました。

 

【実際に使ってみた感想】

 白髪ぼかしとしては充分な仕上がり。

 最初に選んだ商品の仕上がりが期待値レベルだったので、他社商品の比較は行わず。

まとめ

 月一回の白髪染めと、カラーリンスの併用。

 その仕上がりは納得のいくものでした。

 でも、もっとリーズナブルで、楽して髪を黒くできる方法があるかもしれない。

 白髪染めに関しては、色々な会社から色々な商品が出ています。毛染めだけでなくサプリメントで体内から働きかけるものもあります。

 探求は始まったばかりです。