>

実際使ってみて、どうよ?!

口コミ見ても迷ったらココへ!とりあえず買って試して紹介するサイトです。

『東京都庭園美術館』建物公開“艶めくアール・デコの色彩”に行ってきました

この記事をシェアする

“贅を尽くした”という表現がピッタリの建物

ソファとテーブルの写真

 『東京都庭園美術館』は、もともと朝香宮(あさかのみや)夫妻の邸宅。
 国の重要文化財に指定されています。

 正門を入りチケットを購入。
 木々に囲まれた道を歩き進むと、緑のすき間からモダンな建物が出現。
 正面玄関前に控えている狛犬(コマイヌ)に、かすかな違和感を覚えます。

正面玄関前にいる狛犬の写真

建物内部へ

 まずは、玄関の床に目を奪われました。

玄関の床の写真

天井

 次に気づいたのが、天井の高さ。
 一部の吹き抜けではなく、廊下も部屋も全てこの高さです。
 空間を贅沢に利用した造りに、豪華さを感じます。
 電球交換、大変そう。

廊下の天井の写真

バスルーム

 暖房は設置されていますが、広すぎて冬は冷えそう。
 洗面台も巨大です。

バスルームの写真

照明

 天井から吊ってある照明がオシャレ。
 もちろん、各部屋で異なっており、凝ってます。

部屋の照明の写真

ダイニングルーム

 ワインの似合いそうなダイニングルーム
 壁も、凝ってますよ。

ダイニングルームの写真

階段

 何かの映画で観たことのあるような、大きな窓から光がさし込む明るい階段。
 2階に上がるのがワクワクします。

階段の写真

スタンドライト

 階段を上がった二階踊り場。
 何気なく座った休憩用ソファの横には、これまたオシャレなスタンドライトが。

スタンドライトの写真

書斎

 パソコンを置いても余裕の広さのデスク。
 仕事が捗りそうです。
 でも、デスクとイスの位置が、部屋のど真ん中。
 ちょっと落ち着かないかな。

書斎の写真

その他

書籍

 入場者が腰掛けられるイスに、建物を紹介した書籍がさり気なく置かれています。
 (盗難防止のため、しっかり鎖につながっていました。)

旧朝香宮邸を解説した書籍の写真

新館へ

 新館への連絡通路。
 ふと違和感を覚え、視線を落とすと、テラスの欄干が切られていました。
 無理やり新館とくっつけている感じ。
 思い切りの良さが伝わってきます。

切り落とされた欄干の写真

最後に

 いかがでしたでしょうか。
 “贅を尽くした”という表現がピッタリの建物。
 床も壁も天井も、細かいところまで凝っていて。
 とにかく、装飾の隅から隅までアール・デコでした。

 映画やドラマに使われていそうな雰囲気。
 ここは日本なのに日本じゃないような、不思議な感覚です。

 目黒駅、白金台駅から徒歩数分とは思えない、緑の多い環境に静かにたたずむ美術館。
 敷地内にあるレストラン(DuParc)ではフレンチのコースが楽しめたり。
 隣りの『自然教育園※』では散策が楽しめたり。
 休日の散歩には絶好の環境です。

 『艶めくアール・デコの色彩』2021年の建物公開は6月13日まで。

www.teien-art-museum.ne.jp

 ※こちらもどうぞ⇒都会のオアシス『自然教育園』に行ってきました