>

実際使ってみて、どうよ?!

口コミ見ても迷ったらココへ!とりあえず買って試して紹介するサイトです。

ル・クルーゼ アイスクーラースリーブ|どれだけ冷やせるのか試してみました

この記事をシェアする

うっかりしてた!どうしても飲みたい!

冷えたグラスワインの写真

 夏の家飲み。
 ビールはもちろん、よく冷えたスパークリングワインや白ワインが美味しい季節です。

 飲みたいときにボトルが冷えてない・・・
 ただ冷蔵庫、冷凍庫に突っ込むだけより、もっと早く冷やす方法はないだろうか。

 そこで使ってみたのが、ル・クルーゼの『アイスクーラースリーブ』。

 口コミを見ると、“使える”、“使えない”、両極端な意見です。
 ホントのところはどうなんでしょう・・・

 今回は、白ワインを使って調べてみることにしました。

とにかく、冷やす

 買ってきたばかりの常温の白ワイン(27℃)。
 ボトルの裏面ラベルに適温が載っていました(8℃~10℃)。

ワインの適温表記の写真
 目標温度は10℃。
 冷凍庫に6時間入れ、キンキンに冷やしておいたアイスクーラースリーブを使い、冷凍庫(庫内温度0.6℃)に入れ、冷やしてみます。

アイスクーラースリーブの写真

  • ワインボトルだけを冷凍庫で冷やした場合
    27℃⇒10℃:34分
  • アイスクーラースリーブを装着したワインボトルを冷凍庫で冷やした場合
    27℃⇒10℃:28分 

 その差は6分でした。
 若干早く冷える、といった程度でしょうか。
 1分でも無駄にできない、超緊急の場合は良いかもしれません・・・。

本来の使い方

 アイスクーラースリーブの本来の使い方は「保冷」。
 その性能を・・・測ってみました。

 まず、10℃に冷やしておきます。
 この適温を、どのくらい維持できるんでしょうか。
 室内温度27℃、湿度70%の条件下で試します。

保温の温度推移グラフ
 アイスクーラースリーブ装着後、一気に温度が下がり始めます。
 8.3℃まで下がった後、徐々に温度を上げていきますが、そのペースは緩やか。
 10℃代を超えるまで、34分
 2人~3人でボトルを空けるなら、充分な保温時間ではないでしょうか。

試しに

 室内で常温(27℃)のワインボトルにアイスクーラースリーブを装着した場合、どの位まで温度は下がるのか、測ってみました。

ワインボトルにアイスクーラースリーブを装着した写真
 室内温度27℃、湿度70%の条件下で試します。

アイスクーラースリーブだけで冷やした場合の温度推移グラフ
 約50分かけて、約9℃下げるので精一杯でした。

最後に

 届いたばかりのワインを、どうしてもすぐ飲みたくなったり。
 すぐ飲みたくて店に買いに行ったら、お気に入りの白ワインが常温でしか置いていなかったり。
 冷やすのを忘れていたり。
 アイスクーラースリーブを装着して冷凍庫に突っ込めば、多少早く冷やせることは解りました。

 でも、アイスクーラースリーブの本来の使い方としては保冷。
 充分な効果を発揮してくれます。

 余談ですが、あまり冷えていない白ワインを楽しむ方法としてお勧めなのが、最初の一杯はスプリッツアーとして楽しむ方法。

スプリッツアーの写真
 作り方は、ワインに氷と炭酸を入れるだけ。
 食前酒として楽しんでいる間に、アイスクーラースリーブを装着したワインボトルを冷凍庫に突っ込んでおく。

 2杯目からは、キンキンに冷えた白ワインが楽しめます。
 アイスクーラースリーブともども、お勧めです。